サンワサプライの撮影ボックス「200-DG014」を使ってみました

フリマやオークションへの出品、ブログで紹介する商品の写真を撮る際、光を均一に当てて鮮明に撮影するための便利なアイテムに撮影ボックスがあります。

今回はその一つ、サンワサプライ「200-DG014」という撮影ボックスについて紹介していきます。

サンワサプライ 撮影ボックス「200-DG014」について

サンワサプライの撮影ボックス「200-DG014」は非常にコンパクトな形状でありながら、自宅にいながらまるで撮影スタジオにいるかのような撮影をすることができます(*´ω`*)

本体にLED(USB給電式)も付いていて、お値段はおよそ4000円(Amazonプライム対象外のため、別途送料が必要)と、かなりお手頃な価格です。

外観

200-DG014はとてもコンパクト(幅230mm×奥行240mm×高さ250mm)な形状で、自宅のパソコン机なんかに置いて撮影することもできます。

撮影ボックス(200-DG014)はパソコンデスクの上などでも十分に使えるコンパクトサイズ

ご覧のように、ノートパソコンの横が撮影スタジオに大変身!ちょっとした衝撃ですw

撮影ボックスには明るい白色LEDが上部に付いているのが特徴!給電はUSBケーブルから行う

他の撮影ボックスにはない特徴的な機能が、上部前面に取り付けられた白色LEDライト!

300ルーメンの明るさの白色LEDライトが20灯付いていて、ボックスの中はかなり明るくなります。また、このLEDライトは角度を調整することもできます。

ちなみにLEDライトはマイクロUSBから給電することで点灯します。ノートパソコンやAndroidスマホの充電器などからも給電できるので、使い勝手が良いですねー。

撮影ボックス(200-DG014)は折りたたむととてもコンパクト!本棚に収めるのに最適なサイズです

折りたたむと幅230mm×奥行き240mm×高さ30mmほどになるので、持ち運びや収納にとても便利です。本棚なんかに収納するのにもぴったりのサイズですよー。

内装

商品撮影を行う際に被写体への光の当たり方がおおむね均一になるよう、側面と上面がレフ板の役割を果たす作りとなっています。

また、背景(バックスクリーン)には白と黒の2種類が用意されています。撮影する商品によって背景を使い分けることができて便利です。ちなみにこのバックスクリーンは反射を抑える素材が使われているため、背景が不自然に光っちゃうこともありません。

撮影ボックス(200-DG014)の背景色は白と黒の二種類から選べる

背景を白にして撮影。濃い色や暗い色の商品を引き立てたり、薄い色や明るい色の商品によりふわっと感を出すことができます。

撮影ボックス(200-DG014)の背景色は白と黒の二種類から選べる

一方、こちらは背景を黒にして撮影。薄い色や明るい色の商品を引き立てたり、濃い色や暗い色の商品をシックに表現することができます。

個人的には別売りで何色かバリエーションがあっても面白いかなーとも思っています。(似たような素材があれば、自作でバックスクリーンを作れそうな気もしますがw)

小型商品(おおむね10cm四方)の写真撮影に最適

200-DG014はコンパクトなサイズということもあり、どちらかといえば小型な商品(目安としては概ね10cm四方)の写真撮影に向いています。

撮影ボックス(200-DG014)10cm四方を超える商品の撮影も可能だが、ちょっとキツい印象…

こちらはダンボー(13cm版)を撮影した写真ですが、撮影ボックスのつなぎ目や折り目をフレームから外すことを考えると、ちょっと余裕がない感じです。

最短撮影距離が短いレンズ+スクエア(正方形)での撮影がおすすめ

内部の背面が正方形に近いことと、小型サイズであることから、最短撮影距離が短めのレンズを使っての撮影、もしくはスクエア(正方形)写真にするのがおすすめです。

こちらはPENTAX K-1とFA31mm(最短撮影距離:38cm)の組み合わせで、ギリギリまで寄って横構図で撮影したときの写真。撮影ボックスのつなぎ目や折れ目といった、余計なものが写り込んでしまっています。

50mm前後のマクロレンズなんかがあると、撮影しやすいかもしれませんねー。

もし最短撮影距離の短いレンズをお持ちでない場合は、カメラ側のクロップ機能や、撮影後の補正時にトリミングを使って調整することをおすすめします。

スマートフォンでの撮影にも使える

この撮影ボックスはスマートフォンでの撮影にも十分使えます。(もちろん、一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラでの撮影であれば、より高い画質での撮影ができます)

こちらはiPhoneで撮影した一枚。撮影ボックス+スマホカメラでも、商品の魅力を伝えることは十分に可能ですねー。

まとめ

と、割と勢いだけで導入した撮影ボックス「200-DG014」ですが、小型コンパクトで持ち運びに便利、さらにUSB給電できる白色LED照明が本体に付いて4000円程度で手に入れられるのはありがたいですねー。

フリマやオークションに商品を出品している方、ブロガーとして商品の魅力をより鮮明をお伝えしたい方は、ぜひ使ってみてください(●´ω`●)

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です