ここからはじまる楽しいフォトライフ

まずはこれを読もう!カメラ初心者におすすめしたい写真の本まとめ

カメラ初心者な皆さん、おはこんばんちは。永遠のカメラ初心者ことおーわ(@hirokazu.sby)です。それじゃダメじゃんw

写真のお勉強をしたいというときに役立つのが写真やカメラの本。世の中にはそんな写真やカメラに関する本、雑誌、写真集など山のようにあります。

でも、いったいどんな本を読めば良いんだろう…ということで、今回は僕が読んできた写真関連の本の中で、個人的にカメラ初心者におすすめな6冊を紹介いたします。

まずはこれ!カメラ初心者におすすめな本6選

世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書(改訂版)

鉄道を中心に撮影されている中井精也さんの本。カメラを始めて6年目に読んだのですが、写真撮影について非常に分かりやすくまとめられております。

一眼カメラ初心者はもちろん、現在でもカメラをぜひ読んでいただきたい本の一つです。

写真の主題と副題に関する記事も合わせてどうぞ!

関連記事:写真の主題と副題を選ぶときに大切なたった一つの考え方

プロフェッショナルワークショップ Lightroom [6 / CC対応版]

Lightroomを使って写真を編集する方に必携の一冊!Lightroomのすべての機能が分かりやすく解説されております。

初めてLightroomを使う方や、これからLightroomを使ってRAW現像にチャレンジしてみようと考えているカメラ初心者の方はもちろんのこと、Lightroomを使って写真を編集する、すべてのフォトグラファーにお勧めのリファレンス本ですよー♪

「いい写真」はどうすれば撮れるのか? ~プロが機材やテクニック以前に考えること

プロカメラマン・中西佑介さんの名著。

「いい写真とは何か?」について、とても大事なことが書かれた一冊です。カメラ初心者に限らず、すべてのフォトグラファーにおすすめしたい本ですねー。

関連記事:「いい写真」とはなんぞや?それはね、機材で決まるもんじゃないんだよ!

関連記事:「自分の写真を言葉にする」ために是非ともやってみたい5つのこと

一眼レフカメラのような高いカメラを使っても「いい写真」が撮れるとは限らないんですよ、ホンマにね…。

風景&ネイチャー 露出の教科書

風景&ネイチャー撮影における露出補正について書かれた一冊。撮影シーン毎にサンプル作品が紹介されており、それぞれの作品で絞り、シャッタースピード、撮影モード、露出補正が参考に書かれています。

自然風景を撮影するカメラ初心者が、露出補正について勉強する際にぴったりな本です。

風景写真

写真雑誌の一つである「風景写真」は、数ある写真雑誌の中でも風景写真に特化した写真を取り扱った雑誌となっております。(隔月発売)

作品、撮影地、撮影テクニックの紹介の他、雑誌主催のフォトコンテストも行われています。僕もそろそろコンテストに作品を出してみようかしらw

カメラ初心者の中でも、主に風景写真を撮影されている方にお勧めです。

まとめ

今回はカメラ初心者におすすめな本を6冊紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。今回紹介した本はカメラ初心者を対象としておりますが、書いているうちに「これは実際のところ、多くのカメラマン・フォトグラファーにおすすめな本じゃないのか」とも思っておりますw

カメラ初心者のあなたにとって、今回紹介した本の中から「これだ!」という一冊が見つかれば嬉しい限りです。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です