ここからはじまる楽しいフォトライフ

秋(9月、10月、11月)の写真撮影におすすめな7つの被写体

食欲の秋!読書の秋!そして、なんといっても

 

 

写真撮影の秋!!

 

 

秋は過ごしやすい日が多く、カメラを片手にあちこちお出かけするには最適な季節ですねー。

ということで、今回はそんな秋(9月、10月、11月)の写真撮影におすすめな被写体をまとめてみました。

秋(9月、10月、11月)の写真撮影におすすめな被写体

曼殊沙華(彼岸花)

鮮やかな赤色が特徴的な花で、9〜10月頃にかけて見頃を迎えます。

木陰に咲いていることが多いので、光と陰の対比を上手く取り入れながら写真に収めてみると良いですねー。

曼珠沙華はとにかく赤色が強い花なので、写真撮影するときは色潰れにご用心を。ナチュラルモードやフラットモードなど、色が濃く出ないモードでの撮影を強くオススメします。

関連記事:赤つぶれに要注意!曼珠沙華(彼岸花)を撮影するときの3つのポイント

コスモス

「秋桜」とも書くように、秋の花といえばやっぱりコスモス!9〜10月頃(早咲きのコスモスは8月頃にも)を中心にあちこちで見られます。

コスモスといえばオレンジ、ピンク、黄色、白色など、色が豊富なのも魅力的なポイントの一つ。

前ボケや後ボケを生かしながら、小さく撮ってあげると、そのかわいらしさを最大限に引き出すことができますよー。

関連記事:秋を彩るコスモス(秋桜)をかわいく撮るための9つのポイント

コキア

別名はホウキグサで、あのもふもふした姿のとにかくかわいらしいことかわいらしいこと(*´ω`*)

おおよそ8月頃から緑のコキアが見られるようになり、10月頃になると真っ赤に染まったコキアが見られるようになります。

余談ですが、たぶん愛・地球博のイメージキャラクターであるモ○ゾーとキッ○ロはコキアがモデルなんじゃないかと勝手に思っています(たぶん違うw

キノコ

秋が旬の食べ物といえば…なんといってもキノコ!炊き込みご飯やうどんなんかに入れるとおいしいですね(●´ω`●)

木の生い茂った場所を歩いていると、実は足元にキノコがにょきっと生えていることがあります。結構かわいいのでこれがまた写真映えするんですよー。そう、キノコは意外とフォトジェニックなやつなんです(取りあえず言いたかっただけーw

あ、でもキノコに関して知識のない方はうかつに取って食べたりしないようにしましょう。(間違って毒キノコを引き当てても、当ブログサイトでは責任持てませんのでご注意をw)

紅葉(カエデ、イチョウなど)


みんな大好き紅葉!赤や黄色が織りなす風景は、写真に残したくなるものですよね。

北海道や東北といった寒冷地や標高の高い場所では9〜10月頃に、関東をはじめとする平地など比較的温暖な地域では11月頃にかけて見頃を迎えます。

モミジやイチョウの葉をクローズアップしてみたり、秋らしい風景の要素として取り入れたり、スナップ写真の副題にしてみたりと、表現方法は実に様々です。桜と同じく、フォトグラファーの腕が試される被写体の一つですw

また、モミジやイチョウ以外にも白樺やメタセコイアといった木々も紅葉しますので、これらもぜひチェックしてみてください。(メタセコイアは12月頃に見頃を迎える場所が多いです)

ぜひ、紅葉狩りを楽しみながら、自分らしい味のある写真を収めてみてください(*´ω`*)

花火

夏ほど多くはありませんが、秋にも花火大会がいくつか行われます。実は意外にも大規模な花火大会も多いので、花火好きな皆さんは要チェックです。

特に夏の高温多湿の中で行われる花火大会と違い、秋は空気の澄んだ日が比較的多いため花火がより綺麗に見えやすいです。

関東近郊であれば、日本三大花火の一つである土浦全国花火競技大会(茨城県土浦市)や、世界最大の四尺玉が打ち上がる片貝まつり(新潟県小千谷市)、こうのす花火大会(埼玉県鴻巣市)など、豪華な花火大会が目白押しです。

関連記事:これぞ日本三大花火!大迫力の土浦全国花火競技大会

夏は時間がなくて花火をあまり見たり撮ったりできなかった…という方は、ぜひ秋の花火を楽しんでみてください。(初めて花火を撮ってみたいという方は、ぜひ以下の記事も参考にしてみてください)

関連記事:カメラ初心者でも撮れる!観客と一体となった花火写真を撮る方法

あと、夏の花火大会と違って夜は気温が下がるので、あらかじめ寒さに備えておきましょう。思った以上に身体が冷えます^^;

ブルーアワーの都市夜景

都市夜景はその気になれば一年中撮れますが、特にブルーアワーの都市夜景を狙うのであれば、晩秋〜初冬(おおむね11〜12月)にかけてがおすすめです。

この時期におすすめする理由としては

  • 空気が澄んだ日が多くなり、空の色が綺麗に出る
  • 厳冬期に比べて極端に寒すぎない

1月や2月あたりも撮影には向いていますが、寒すぎるのであまりオススメしませんw 日によっては夜は氷点下まで気温が下がることもありますし…。

また、オフィス街の夜景は平日にながめに行きましょう。休日は明かりが少なくて本当にがっかりしますw

関連記事:狙うは平日のブルーアワー!綺麗な都市夜景を撮影する方法

まとめ

ということで、今回は秋(9月、10月、11月)の写真撮影におすすめな被写体を紹介いたしました。いかがでしたでしょうか。

秋はコスモスや紅葉など、思わず写真に収めたくなる風景や花がたくさんあります。空気も澄みやすい季節なので、花火やブルーアワーとコラボした都市夜景などの鑑賞・撮影にもおすすめです。(他にも「こんな被写体もあるよ!」というのがございましたら、コメント欄などで教えてください)

食欲の秋、読書の秋、そして写真撮影の秋!ぜひ、カメラを片手にまったりとお出かけしてみてはいかがでしょうか(*´ω`*)

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です