写真と遊ぶ、創る、楽しむ

写真撮影でよくやらかす8つの失敗と対策方法

残酷な現実ですが、写真撮影は失敗の連続。特にカメラ初心者の頃は色々とやらかすものです。

でも、せっかくの写真撮影で失敗をちょっとでも減らしたい!というあなたへ、今回はよくある写真撮影の失敗と、そのリカバリー方法について紹介します。

写真撮影でやらかす失敗とリカバリ方法

一口に写真撮影の失敗といっても、色々あります。機材系のトラブル、撮影時のミス…。

やらかしたときのあの悲しさときたら…もうね、あれですよ、ひたすら泣きたくなります(;ω;)

実は僕もちょくちょくやらかします。特に結婚式の時にバッテリーを忘れた時は冷や汗もんでした…あのときは仕事じゃなくて本当によかったw

そんなおっちょこちょいな皆さん、そんな写真撮影の失敗による悲しい事態を少しでも緩和しようじゃありませんか!できる限りの対策をしようじゃありませんか!!

記憶メディア(SDカード、CFカード)忘れ

これこれ!一眼レフやミラーレス一眼といったデジカメ全般でよくある失敗が、記憶メディア(SDカード、CFカードなど)のカメラへの入れ忘れですね。

写真をPCに取り込むためにSDカード/CFカードをカメラから取り出して、いざ写真を撮ろうと電源を入れたとき「カードが入っていません」などという表示が出てきたときの絶望感のなんたるや…。

うーん、これは涙が止まらなーい(;ω;)

対策方法

  • あらかじめカメラバッグに予備の記憶メディア(SDカード、CFカード)を忍ばせておく
  • デュアルスロットを保有したカメラを使用する

一番手軽な対策は一つ目の予備のSDカードやをあらかじめ持っておくという方法でしょうか。

※SDカード選びにはこちらも併せてご覧ください

関連記事:失敗しない一眼レフカメラ用SDカードの選び方!おすすめの一枚も紹介しますよー

最近では、一部のデジカメでデュアルスロットに対応した機種もあります。いざというときにすごく便利ですので、予算が許すようであれば、買い替えを検討してみてください。

そんなわけで、SDカードのデュアルスロットに対応したPENTAX K-1とかいかがでしょうか?w

関連記事:確かな実力と斬新さが華麗にコラボ!PENTAX K-1徹底レビュー

バッテリー忘れ

これも写真撮影であるあるな失敗の典型例。

前夜にカメラのバッテリーを充電したのを忘れたまま撮影現場に行き、なんかカメラがいつもより軽いなーと思いつつ、いざ電源を入れてみるとカメラが起動しねえええええ!マジかよおおおおお!!という、記憶メディア忘れとよく似たあの絶望感ときたら…ぐすん(´・ω・`)

対策方法

  • 予備のバッテリーをカメラバッグに忍ばせる
  • スマートフォンのアラームに「バッテリー充電中」とメッセージを仕込む

というか、これ以外の対策が思いつかないですw

撮影中の電池切れ

これもよくある写真撮影の失敗。

特に電池消費のミラーレス一眼カメラやコンパクトデジカメで、旅行先や結婚式なんかで何も考えずに撮りまくっていると、あっという間に電池切れ…なんて悲しいことも多々あります。

例えば僕がサブカメラとして愛用しているOLYMPUS Pen Lite E-PL7は撮影可能枚数が約360枚と、メイン機であるPENTAX K-1の半分以下(K-1は760枚)です。そりゃ半日デートしてガシガシ撮りまくっていたら、あっという間になくなるわけですわw

関連記事:お散歩やデートに最適なミラーレス一眼!OLYMPUS PEN Lite E-PL7

対策方法

  • 使用前には必ず充電をする
  • 予備のバッテリーを携帯する

それ以外に方法はないっす…たぶん。特にミラーレス一眼カメラを使っている方は、予備バッテリー持っておくことをおすすめします。

カメラの設定誤り

特に一眼カメラを使った写真撮影でありがちな失敗。

例えば旅先などで撮影する場合、風景、人物、花なんかを撮影するたびに、それぞれのシーンで絞りやシャッター速度、露出、ホワイトバランスなどの設定を変えますよね。

で、うっかり設定を変え忘れて撮影すると、大変残念なことになります。例えば絞りをF8.0あたりに絞って風景を撮影した後で、気付かずそのまま花を撮影したら、背景が全然ボケてないじゃん…ってときの悲しさときたらもうね(;ω;)

対策方法

  • 撮影前に設定を確認する
  • Lightroom等を使用して自分のイメージに近づける

何はともあれ、撮影するたびに設定を確認しましょう。それが一番の対策です。

ホワイトバランスや露出の設定を誤った場合、Lightroomで補正できる場合がありますので活用してみましょう。

ただし、白飛びや黒つぶれについてはLightroomでも補正できないため、そのときは素直に諦めましょうw

写真が日の丸構図だらけになっている

カメラ初心者がやりがちな構図。被写体をででーんとど真ん中に配置するやつです。

写真を始めたての頃は、ついつい真ん中に被写体を配置しがちなものです。

以下の写真も、一眼レフカメラを使い始めてから3~4ヶ月の頃の写真なのですが、見事にまあ真ん中に被写体が来ているわけですw

こうしてみると、なんだかものすごく平凡な気が…。そう、日の丸構図は単純で平凡な絵になりがちなんですよ。

でも、日の丸構図は絶対悪というわけではなく、時と場合によっては良い構図になることもあります。たとえば富士山とかスカイツリーといった存在感のある被写体とは相性が良いんです。

対策方法

  • まずは基本的な構図(三分割構図など)について勉強し、ひたすら実践する

だいたい日の丸構図ばかりになるのは、構図について知らないというパターンが多いです。僕も日の丸構図ばかり撮っていた頃は、構図のことなんてさっぱりでした。あの頃は若かったw

ぜひ、書籍やネットで勉強してみてください。そして、繰り返し実践してみましょう。

関連記事:まずはこれを読もう!カメラ初心者におすすめしたい写真の本まとめ

水平がきちんととれていない

これは特に初心者がやりがちな失敗ですねー。なんか微妙に写真が傾いていて、違和感を感じるやつです。なんというか、変に気持ち悪いというか…。

例えば水平線に沈む夕日を撮りに行ったものの、肝心の水平線が傾いているとなんかちょっと残念な感じがしますよね。そう、こんな感じで。(分かりやすく水平を赤線で追記しています)

水平線がぜんぜん水平じゃないときの残念感ときたらもうね(;ω;)

対策方法

  • 水準器を使う(電子水準器でも可)
  • LightroomのUpright補正で対処する

やはり水準器を使うのが一番手っ取り早いです。中級機以上の一眼レフカメラにはだいたい電子水準器たるものがついていますので、ぜひとも活用していきたいところ。

ですが、エントリー機などの一部の一眼カメラには電子水準器が付いていない場合が多いです。実は上の写真を撮影した時に使っていたPENTAX K-xというカメラにも電子水準器がありませんでした。そんなときは「魔法のツール」ことLightroomのUpright補正機能をも活用してみましょう。(Upright補正はCC版のみ)

ゴミの映り込み

これもなかなか残念賞な失敗の一つ。イメージセンサーに付いたゴミが、そのまま写真に写り込んでしまうというものです。

特にレンズ交換式の一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラの場合によくある現象です。

イメージセンサーに付いたゴミがそのまま写真に写り込んでしまうとどうなるか…その写真がこちらです。(分かりやすいように、ゴミの映り込み部分を赤丸で示しています)

これがなんと意外にも目立つわけなのです。特に青空のような背景の場合、ゴミの映り込みがえらい目立つんですよねこれ…。

対策方法

  • イメージセンサーのクリーニングをする
  • Lightroomのスポット修正を使用する

ええ、定期的にイメージセンサーの清掃をしましょう。各カメラメーカーのサービスセンターでは有償でセンサー清掃をしてくれますので、ぜひ活用しましょう。

で、サービスセンターは残念なことに都市部にある場合が多いため、地方在住でサービスセンターに通うのキツいよという方は、我らがPENTAXが誇るイメージセンサークリーニングキット(ペンタ棒)を使うのも手です。

関連記事:自宅で手軽にイメージセンサーのゴミ掃除をする方法

万が一、写真にゴミが映り込んでしまったしまった場合は、Lightroomのスポット修正機能を使うとゴミの映り込みを消せる場合があります。

単なる記念写真でしかない

別に記念撮影自体は悪いことではありません。思い出は写真に残して大切にしたいものです。

が、それだけだと何かが弱い…そう、何かが足りない!!

例えばこの写真、僕が撮っておいてアレですが、何が主題で何が副題なのかよく分からない一枚ですよね。単にきれいだなーぐらいの感想しか出てこない気がしませんか?w

対策方法

  • 主題と副題を明確にする

単なる記念撮影も良いですが、写真の「主題」と「副題」を明確にすることで、写真を通じて伝えることがはっきりしてきます。

関連記事:写真の主題と副題を選ぶときに大切なたった一つの考え方

何を、どう撮るか…少し意識するだけで「いい写真」にぐっと近づくと思います。僕もまだまだ甘いので、頑張ります(^^;

関連記事:「いい写真」とはなんぞや?それはね、機材で決まるもんじゃないんだよ!

まとめ

よくある写真撮影の失敗例とその対策方法について紹介してみました。いかがでしたでしょうか。

まあ、そんな失敗があったからこそ今があるんだなーと、しみじみ…ええ、これは全部僕の失敗談なんですよw

この記事が、同じような失敗をしてしまった方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です