ここからはじまる楽しいフォトライフ

ふるさと納税の返礼品で写真・カメラ用品が受け取れる自治体まとめ[随時更新]

ふるさと納税といえば、任意の自治体へ納税をすることで素敵な返礼品をいただけるのも一つの魅力ですよね。

そんな自治体からの返礼品にはご当地の名産品やサービスなど様々ありますが、実は写真・カメラ用品を返礼品とする自治体もいくつかあります。

というわけで今回は、ふるさと納税の返礼品が写真・カメラ用品の自治体をまとめてみました。

ふるさと納税の返礼品で写真・カメラ用品を受け取れる自治体(2017年6月現在)

山形県庄内町

「庄内町ふるさと応援団」特製の銅製フォトスタンドが返礼品として受け取れます。

銅製なので、市販のフォトスタンドと比べて高級感がありそうですねー。家族写真などを入れて飾っても良さそう!

ふるさと納税山形県庄内町の寄附返礼品一覧|ふるなび

神奈川県海老名市

我らがPENTAXを有するリコー。その開発拠点が神奈川県海老名市にあることから、ふるさと納税の返礼品に全方位カメラのRICOH THETAやPENTAXブランドの一眼レフカメラが用意されています。

2017年6月現在、RICOH THETA S(納税額100,000円)とPENTAX K-70 18-135mmレンズキット(納税額300,000円)が用意されています。

どちらも納税額に対する還元率が高めなのが嬉しいところで、特にTHETA Sは40%程(2017年6月現在)となっています。

今年はふるさと納税でPENTAXIANの仲間入りなんてのも悪くないんじゃないでしょうか…首を長くしてお待ちしていますw

ふるさと納税神奈川県海老名市の寄附返礼品一覧|ふるなび

神奈川県綾瀬市

綾瀬市にはキヤノンの工場があることから、Canon EOS Kissなどの一眼レフカメラ、ミラーレス一眼カメラが返礼品として用意されています。

一眼カメラのボディが手に入るだけあって、最低納税ラインは150,000円とハードルはやや高めです。還元率はだいたい30%ぐらいといったところですので、まずまずとリターンといったところでしょうか。

どちらかといえばEOS M10やEOS Kissといったエントリー機が中心で、高級機や交換レンズを返礼品として受け取りたい場合は、後述の大分県国東市への納税がおすすめです。

ふるさと納税神奈川県綾瀬市の寄附返礼品一覧|ふるなび

山梨県富士河口湖町

富士山のお膝元の一つである山梨県富士河口湖町。こちらでは富士山にちなんだポストカードや額入り富士山の四季の写真が返礼品としていただけます。

富士山が好きな方は、家に飾ってながめるのも良いと思います。

ふるさと納税山梨県富士河口湖町の寄附返礼品一覧|ふるなび

静岡県磐田市

こちらは遠州綿紬を使って作られたカメラケース。かわいいデザインが特徴的です(*´ω`)

サイズはエントリークラスの一眼レフを想定して作られていますので、お持ちの方はぜひ使ってみてはいかがでしょうか。(残念ながら、最近流行りのミラーレス一眼には使えないとのこと…)

ふるさと納税静岡県磐田市の寄附返礼品一覧|ふるなび

長野県岡谷市

レザー(革)製品や消防ホースを使ったユニークな製品を展開するDesign Store takajinさんが製作する一眼レフカメラ用のハンドストラップが、ふるさと納税の返礼品として受け取れます。

カラーも6色揃っているので、お好みの色を選べるのがまた良いですねー。

ちなみにこのハンドストラップはネットショップ上では販売されていないので、ふるさと納税の返礼品でのみ入手可能な大変貴重な商品です。

ふるさと納税長野県岡谷市の寄附返礼品一覧|ふるなび

佐賀県みやき町

地元の看板専門店Art Stockさん製作のフォトスタンド+スマホスタンドが、ふるさと納税の返礼品としていただけます。

L版だけでなくポストカードサイズまでいけるとのことで、写真展などで買ったりいただいたりした写真を部屋に飾っておくのにも使えそうですねー。

ふるさと納税佐賀県みやき町の寄附返礼品一覧|ふるなび

大分県国東市

大分キヤノンを有することから、先の神奈川県綾瀬市と同じくCanonの一眼レフカメラ、ミラーレス一眼カメラ、交換レンズが返礼品となっています。綾瀬市と異なるのは、こちらはより上位の機種が手に入るという点です。

最上位機ではなんとEOS 5D MarkIVが手に入ります!

ちなみにEOS 5D MarkIVを返礼品で受け取りたいならば、頑張って100,0000円以上を納税しましょうw 参考までに還元率は40%弱なので、リターンとしてはかなり大きいほうかと思います。

ふるさと納税大分県国東市の寄附返礼品一覧|ふるなび

余談ですが、国東は「くにさき」と読みます。間違えると国東市民からフルボッコされちゃうかも?w

宮崎県宮崎市

ビル内や展望台からの夜景撮影で大活躍の忍者レフが、なんとふるさと納税の返礼品として受け取れます!

関連記事:展望台撮影での厄介なその反射、忍者レフで消せるんです!

ちなみに忍者レフは宮崎市に10,000円を納税すれば返礼品として受け取ることができるのですが、その還元率はなんと50%以上とかなり優秀です。(参考までに忍者レフの実売はおよそ5000円台(Amazon))

Link:「さとふる」でふるさと納税!

これまた余談ですが、よしみカメラさんって宮崎市が本社だったのですね…ぜんぜん知らんかったw

まとめ

ということで今回は、ふるさと納税の返礼品として写真・カメラ用品を受け取れる自治体を紹介いたしました。いかがでしたでしょうか。

こうしてみると、写真・カメラ用品をふるさと納税の返礼品として受け取れる自治体って、実は結構多いですねー。これはどこに納税しようか迷っちゃいますw

ぜひ、気になる自治体に納税というカタチで貢献してみてください。(最近の返礼品抑制の流れがありますので、気になる返礼品はこまめにチェックしておくと良さそうです)

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です