写真と遊ぶ、創る、楽しむ

都会の3つの駅(京都駅、大阪駅、東京駅)でアートな写真を撮ってみました

日本には面白い建物がたくさんあります。例えばジャンクションなんかもその一つですよね。

で、面白い建物といえば鉄道のなんてのもその一つ。鉄道大国・日本には大小様々な駅がありますが、その中には面白い構造をした駅もあったりします。

今回は都会の三つの駅(京都駅、大阪駅、東京駅)を、アートな写真とともに紹介します。

アートな写真が撮れる、都会の3つの駅

京都駅

京都駅といえば日本有数の観光都市である京都市の玄関となる駅であり、東海道新幹線の全列車が停車するほか、JRには北陸・山陰・関西空港・南紀方面、近鉄には奈良・橿原神宮・伊勢志摩など、各地を結ぶ特急列車が発着しています。

観光客はもちろん、通勤通学客も多く、1日平均の乗降人員は各社合計で67万人を超える、日本でも有数のターミナル駅です。

で、このJR京都駅はとても絵になるんです。

20140601_Kyoto_IGP1061

京都駅の烏丸中央口側は巨大な空洞な構造となっていて、日本国内の他の鉄道駅ではなかなか見られないような構造となっております。新たな京都の象徴ともなったこのデザインには賛否両論あるようですが、僕はこれはこれでありですね。ちなみにこの作品は夕刻にとらえた一枚。特に夕景が特に綺麗な日には、橙色の光が差し込んだ美しい絵作りができることでしょう。

大阪駅

大阪府の代表駅として、第1回近畿の駅百選にも選定されている西日本最大の駅です。

20150321_Kyoto-Osaka_IGP6572

近年、大規模な改修が行われ、プラットホーム上には時の広場と呼ばれるとても開放的な広場が誕生しました。季節に応じて様々なイベントや催し物が開催されております。上の作品を撮影した2015年3月には桜の並木で春らしい装いがなされていましたので、ちょっとハイキー気味にして柔らかさを出しています。

20141206_Osaka_IGP5100

また、クリスマスの時期には時の広場でイルミネーションが開催され、こちらもまた幻想的な光景が広がります。時の広場と上手く組み合わせた絵を作ってみると面白いかもしれません。

東京駅

東京の表玄関である東京駅。全国の新幹線網における最大の拠点となっている他、東海道本線や東北本線など主要幹線の起点駅ともなっており、まさに巨大ターミナルと呼ぶにふさわしい駅ですね。

近代的な作りとなっている八重洲口に対して、歴史を感じる作りとなっている丸の内口がとても絵になります。

20150704_Tokyo_IGP8499

中心部にはスポットライトが当たっており、まさに物語の主人公となれる舞台のような光景が広がっています。

撮影に使用したカメラ・レンズ

今回の撮影ではSIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMを使用しております。

 

唯一無二の超広角レンズは駅ナカでの撮影にも一役買いますね。APS-C機を使用されている方にぜひ使っていただきたい一本です。なお、SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMについては以下のコンテンツも併せてご覧いただければと思います。

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMレビュー&作例紹介
世の中には「超」が付くレンズが二種類あることをご存知でしょうか。一つは超望遠レンズ、そしてもう一つが超広角レンズです。PENTAX Kマウントに対応した超広角レンズ...

まとめ

鉄道風景写真は鉄道のみならず「駅ナカ」にも面白いアイデアがたくさんあります。ぜひ、少し視点を変えて「駅ナカ」でも鉄道風景を見つけてみてはいかがでしょうか。

ではでは、素敵なフォトライフを♪

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です