Instagramで長方形写真を投稿するなら縦長がおすすめな理由

2015年8月よりInstagramへの投稿が長方形にも対応しました。それまで正方形だけだったインスタが少し変わったわけですが、長方形の写真を投稿するときに「縦長」か「横長」かによって、スマホで見たときの写真の印象が大きく変わります。

インスタへ長方形写真を投稿するなら縦向きがおすすめ!

Instagramが長方形写真にも対応したのは嬉しいところです。今まで一眼レフカメラなんかで写真を撮っていた方にとって、使い勝手が良くなったのは確かです。

かくいう僕も長方形に対応したのを知って始めたクチですw

ただし、今も昔もインスタはスマートフォンに最適化されていることに変わりありません。スマホのインスタアプリは縦向きで見ることを前提としているため、横長の写真を投稿するとスマホの液晶をフルに活かすことができないのです。

いったいなんのこっちゃ?ということで、実際にInstagramへ投稿した横長、正方形、縦長のそれぞれの写真を見比べていただきましょう。

横長の写真はスマホに不向き

まずは横長で投稿した写真。


確かに写真全体は見えるのですが、なんだかちょっと迫力に欠けますね…。

先ほども触れましたが、スマートフォンのインスタアプリは縦向きで見ることを前提に作られています。このため、横構図の写真を投稿すると縦がぐっと圧縮されてしまい、どうにも迫力に欠けてしまいます。

縦長の写真がスマホの画面に最適

対して、縦長だとどうでしょうか。


縦長の写真ですと、スマホ画面いっぱいに広がります。その方が明らかに写真のインパクトが変わります。先ほどの横長の写真と比べると、その違いが見て取れるかと思います。

縦長の写真を使うときは注意が必要

確かにInstagramで長方形の写真を投稿するときは縦長の写真が有効ですが、実はインスタで縦長の写真を投稿する際には、比率が4:5とちょっと正方形に近い形となります。

携帯電話やタブレットの写真ライブラリから写真または動画を選択すると、正方形ではなく縦向きまたは横向きでシェアすることを選択できます

(中略)

共有すると、写真や動画はフィードに縦向きまたは横向きに表示されます。写真と動画はアスペクト比1.91:1~4:5で共有できます。

(引用:投稿を縦向きまたは横向きにアップロードするにはどうすればよいですか。 | Instagramヘルプセンター)

一眼レフカメラやスマホカメラを含む多くのデジカメでは、今のところ4:5の比率での撮影には対応していないため、必然的にトリミング(切り抜き)処理をかける必要があります。

ちなみにLightroomにはトリミングの種類で4:5サイズが選択できますので、撮影後の補正で使うのも一つの手です。PC版、モバイル版ともに対応していますよー。

Lightroomは4:5でのトリミング(切り抜き)にも対応している

あ、iPhoneをお使いの方で4:5サイズのトリミングを使う場合はRAWでの撮影がおすすめです。こちらも合わせて参考にしてみてください。

関連記事①:スマホカメラ新時代!iPhoneでRAW撮影・現像できる時代がやってきた!

関連記事②:RAW撮影・現像に対応したおすすめiPhoneカメラアプリまとめ

まとめ

Instagramで長方形写真を投稿する際は、スマホ画面の占有率が高くなる「縦長」がおすすめです。写真が与えるインパクトもかなり変わりますしね。

写真系のSNSやプラットフォームは数多くありますが、それぞれに最適化させることにより、より強いインパクトを与えるかもしれません。ぜひご自分のフィールドに合わせてみてください。(ただし、これを実践したからといって「いいね」の数が増える保証はまったくありませんがw)

今まで僕がInstagramへ投稿していた写真は横長が多かったのですが、これを機に縦長に統一していこうかなと思います。(ちなみに二つあるアカウントのうち、ダンボー写真専用のアカウントは、初期の写真を除いて正方形で統一しています)

ちなみに今回は以下の二つの記事を参考にさせていただきました。それにしてもプロブロガーのイケハヤさんや、フォトグラファーの保井崇志さんの記事を読んでいると、こういった写真+メディア戦略についてすごく勉強になりますね…はい、僕も頑張ります!

あ、最後によろしければ僕のInstagramもぜひフォローしていただければと思いますw

ノンジャンル:@hirokazu.sby
ダンボー専用:@hirosby_with_danboard

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です