写真と遊ぶ、創る、楽しむ

パソコンからインスタへ直接投稿!「LR/Instagram」が便利すぎる件

一眼レフカメラで撮った写真をパソコンでRAW現像してからInstagramへ投稿するという方は多いと思います。しかし、インスタは一般的にスマートフォンやタブレット端末からでないと投稿できないため、がっつり現像してからの投稿には不向き…。

と、そんなフォトグラファー泣かせの現実を解消してくれる、Lightroomの便利なプラグインがあるのをご存知でしょうか。

今回はパソコンでLightroomを使いながら直接インスタへ投稿できる便利なプラグイン「LR/Instagram」について紹介いたします。

LR/Instagramとは?

パソコンでLightroomからインスタへ直接投稿ができる便利なプラグインです。

元々インスタはライブ感を重視するSNSという特性から、スマートフォンで撮影してその場でアップするのが一般的な使い方となっております。一眼カメラで撮影した写真を現像してから投稿しようとすると、いったん現像した写真をスマートフォンへ移動してからアップという面倒な手順を踏む必要があります。

一応、Amazon Croud Drive(プライム・フォトサービス含む)Dropboxといったクラウドサービスのスマートフォンアプリを使用すれば幾分手間は省けますが、わざわざアップロードしてからでないと使えないのは非常に手間なもの…。

LR/Instagramを使用すると、Lightroomで写真を編集してからすぐにパソコンからインスタへ直接アップロードできるようになります。

LR/Instagramの使い方

インストール方法

  1. LR/Instagram公式サイトよりプラグインファイル(.zip形式)をダウンロードする
  2. Lightroomを起動し[ファイル] > [プラグインマネージャー]を選択する
  3. [追加]を選択し、LRInstagram.lrpluginフォルダを選択する
  4. LightroomプラグインマネージャーにLR/Instagramが追加されていることを確認する

Instagramへの投稿設定

Lightroom公開マネージャーを使ってアカウントの管理を行います。[ライブラリ] > [公開サービス] > [公開マネージャーに移動]を選択します。

LR/Instagramインストール設定①

LR/Instagramを選択します。ご自身が使用しているインスタのアカウントを入力し「Login」を選択します。

LR/Instagramインストール設定②

ログインに成功すると、Instagram Account欄が更新されトップ画像が表示されます。

LR/Instagramインストール設定③

最低限、アカウントの設定を行えば利用できるようになります。必要に応じてカスタマイズを行ってください。Instagram Captionでは投稿時に追加されるコメントを選択することができます。僕は「Title #Hashtag」を選択し、メタデータに記載したタイトルとハッシュタグが挿入されるように設定しております。(ハッシュタグについてはプリセットメタデータをあらかじめ作成する必要があります)

マルチアカウントも使える!

LR/Instagramは複数アカウントを設定することができます。複数のアカウントを使用する場合は、Lightroom公開マネージャーで[追加]を選択します。あとは、先述で紹介した手順で別のインスタアカウントを入力しログインします。

LR/Instagramマルチアカウント設定

お、無事に追加されました。追加されると公開サービスにLR/Instagramの欄が一つ追加されますので確認してください。

僕はノンジャンル用の個人アカウントダンボー写真専用のアカウントを持っていますので、マルチアカウント対応は非常に便利ですねー。

投稿

投稿する際は、対象の写真を公開したいアカウントのLR/Instagramへドラッグさせます。

LR/Instagramからの投稿①

ドラッグすると、LR/Instagramのリストに写真が追加されます。必要に応じてメタデータを編集し「公開」ボタンを押すだけ!簡単にInstagramへ投稿することができます。

なお、公開時にハッシュタグを埋め込む場合は、次の方法でできます。

  • 公開マネージャーでInstagram Captionを「Caption」もしくは「Caption #Hashtag」としている場合、メタデータの説明欄にハッシュタグを入力
  • 公開マネージャーでInstagram Captionを「#Hashtag」「Title #Hashtag」「Caption #Hashtag」としている場合、あらかじめ作成したメタデータのテンプレートを使用してハッシュタグを挿入

[メタデータ] > [メタデータプリセットを編集]でハッシュタグのテンプレートを作成すれば、いつも使うハッシュタグを使う際にも非常に便利ですので、個人的におすすめです。僕は投稿ごとに数タイプのハッシュタグを使い分けているため、テンプレート化して使っておりますが、結構便利だなーと感じております。

LR/Instagramからの投稿② ハッシュタグテンプレート化

画像固有で付けるハッシュタグは、あとでパソコンからコメントを追加、もしくはスマートフォン端末で編集等で対応すればOKです。

プラグインの使用料は?

LR/Instagramは無料で利用可能ですが、気に入ったら開発者へ$10を寄付することができます。非常に便利なツールでしたので、僕も寄付させていただきました。

プラグインマネージャーよりLR/Instagramを選択し、Registration内の「Register」を選択するとWebページに移動し、寄付することができます。支払いにはクレジットカードやPayPalが使用できます。

LR/Instagram作者への寄付の方法

まとめ

ということで、今回はLightroomから直接Instagramへ投稿できる大変便利なプラグイン「LR/Instagram」について紹介いたしました。パソコンで写真を編集してすぐにInstagramにアップできるようになるのは、一眼カメラユーザーとしては大変ありがたいですね。

Lightroomを使って写真を現像されている方は、ぜひ一度使ってみてください。(まだLightroomをお使いでない方は、これを機に導入してみてください)

 

その他のInstagramのお役立ち情報はこちら

Instagramで長方形写真を投稿するなら縦長がおすすめな理由
2015年8月よりInstagramへの投稿が長方形にも対応しました。それまで正方形だけだったインスタが少し変わったわけですが、長方形の写真を投稿するときに「縦長」か「横...
iPhoneでInstagramのプロフィールに改行を入力する方法
Instagramにはプロフィール欄がありますが、見やすさを重視するならば効果的に改行を入れたいところ。ところが、iPhone版のインスタアプリからプロフィールを入力する際...
ハッシュタグ使いすぎ?!Instagram投稿時にキャプションが消える理由とは
Instagramには写真と一緒に文章やハッシュタグが入力できる「キャプション」という項目があります。ところがある日、入力したはずのキャプションが消えるという現象が…...
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です