写真と遊ぶ、創る、楽しむ

一眼レフカメラもOKなミニ三脚!Manfrotto PIXI EVOの魅力を語る

テーブルフォト撮影などで一役買うのが小型三脚(ミニ三脚)。そんなミニ三脚の中でもおすすめなのがマンフロット製のミニ三脚「PIXI EVO」。耐荷重2.5kgと高性能でありながら、価格もお手頃という、驚きのミニ三脚なのです。

今回はそんなミニ三脚「PIXI EVO」についてレビューしていきます。

スマホも一眼レフカメラもOK!マンフロットのミニ三脚「PIXI EVO」がすごい!

PIXI EVOはイタリアの三脚メーカーManfrotto(マンフロット)から発売されている人気のミニ三脚です。

軽量、コンパクトで高性能!!

PIXI EVOの最大の特徴はは何といってもそのコンパクトさとは裏腹な高性能!重量はたったの260g程度でありながら、耐荷重は驚きの2.5kgを誇ります。折りたたみ時の全長は20.5cmとコンパクトなので、リュックやカバンの中にちょこんと忍ばせておくこともできます。

まずは一番基本的な置き方をした状態。

Manfrotto PIXI EVOを立てた状態でダンボーと大きさ比較

大きいダンボー(高さ13cm)と比べても、ちょっと高さがあるぐらいという非常にコンパクトな設計。

PIXI EVOの脚の高さは5段階で調整できます。こちらが一番足の高さを伸ばした状態。

Manfrotto PIXI EVOを最大まで脚を伸ばした状態で、ダンボーたちと高さ比較

一番高い状態でも20cm程度となります。ちょうど、大小のダンボー(13cm+8cm)を重ねた高さよりも若干低いぐらいですねー。

そして足を開いた状態。

Manfrotto PIXI EVOの脚を最大限開いた状態での高さをダンボーたちと比較

高さは10.5cm程度となります。バリアングル液晶やチルト液晶を生かした超ローポジション撮影にも一役買いそうですねー。

どんなカメラが載せられるの?

PIXI EVOはスマートフォンやデジカメ、ミラーレス一眼カメラといった小型なカメラと相性抜群!

PIXI EVOは小型・コンパクトな形状でありながら、耐荷重2.5kgと驚異の高性能を誇るミニ三脚。スマートフォンやミラーレス一眼カメラはもちろんのこと、一部の一眼レフカメラまでも載せることが可能です。

とはいえ、やはり大型なカメラを載せると安定感は落ちるので、個人的にはスマホやミラーレス一眼カメラといった小型なカメラを乗せるのが最適だと思います。

スマートフォンを載せる場合は三脚アダプタが必要

スマートフォンを載せて使う場合は、PIXI EVOに取り付け可能なスマートフォン用の三脚アダプタが必要になります。

 

三脚アダプタを使えばiPhoneはもちろん、AndroidスマホもPIXI EVOに載せることができるようになります。

一眼レフカメラはどんな機種が載せられる?

一部の一眼レフカメラはPIXI EVOに乗せられる!

なんと、PIXI EVOには一部の一眼レフカメラまで乗せることができちゃうんです。PIXI EVOすげえよPIXI EVO!!

なお、マンフロットによると、一眼レフカメラをPIXI EVOに載せる場合はカメラ本体は750g以下、レンズの焦点距離は18~200mmを推奨しています。

Compatibility
PIXI has been developed for entry level DSLRs fitting these basic requirements:
Body: maximum weight of 750g/1.65lbs
• Focal length: maximum 18-200mm (standard non-professional lens)
• Total equipment payload: maximum 2.5kg/5.5lbs

形状からしてフルサイズ機を載せる想定ではなく、初中級者用モデルのAPS-C機を想定した値となっております。

フルサイズ機はギリギリいける?

一応、エントリーモデルのAPS-C機までが推奨されていますが、PENTAX K-1のようなフルサイズ一眼レフ機もいけるのか実際に試してみました。

レンズ次第ですが、PIXI EVOにフルサイズ一眼レフカメラも乗せられます

推奨はされていませんが、フルサイズ一眼レフカメラも機種と交換レンズの組み合わせによってはPIXI EVOに乗せることができます。PENTAX K-1とFA 77mmF1.8 Limitedの組み合わせで乗せてみましたが、特に問題なく使えました。

ただし、さすがにNikon D5のような超大柄なフルサイズ機を載せるのは無理がありそうです。

一眼レフカメラを載せる場合はセルフタイマーorレリーズ必須

一眼レフカメラ等の重いカメラをPIXI EVOに載せて撮影する場合、カメラのシャッターを押すと手振れが起こりやすいので、カメラのセルフタイマーもしくはレリーズの併用が便利です。

 

まとめ

Manfrotto PIXI EVOはスマートフォンやコンパクトデジカメ、ミラーレス一眼といった小型なカメラと相性が良いだけでなく、条件次第ですが一眼レフカメラをも載せることが可能な、驚きの性能を誇るミニ三脚です。

テーブルフォト撮影をするフォトグラファーさんは、ぜひPIXI EVOを使ってみてください♪

 

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です