ここからはじまる楽しいフォトライフ

二本目のレンズに最適!OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8の魅力を語る

一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラの醍醐味といえば、なんといっても交換レンズ。

これまでPENTAX K-1でテーブルフォトやスナップ撮影をしていましたが、OLYMPUS PEN Lite E-PL7でも撮ってみたいなーと思い、OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8を手に入れました。

さて、M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8とはいったいどのようなレンズなのでしょうか。ということで、レビュー&作例紹介していきます。

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8の良い点、惜しい点

良い点

  • F1.8の明るさ
  • 最短撮影距離が0.25m
  • 小型・軽量
  • 円形絞り
  • 自然なボケ味
  • 静かで高速なAF

惜しい点

  • 防塵・防滴に非対応
  • 青が強めに出る

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8について

外観

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8は長さが42mmと非常にコンパクトなのが特徴。ダンボー・ミニ(80mm)のおよそ半分程度のサイズです。

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8外観①

とにかく、ちっちゃくてかわいいヤツなんです(*´ω`*)

付属のレンズフード(LH-49B)を取り付けてみます。少し長さと太さのあるフードですが、フルサイズ機を愛用している身からすれば、十分にコンパクトですねw

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8外観②

レンズフードを取り付けた状態で、OLYMPUS PEN Lite E-PL7に装着してみます。

OLYMPUS PEN Lite E-PL7にM.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8を装着した状態(前面)

OLYMPUS PEN Lite E-PL7にM.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8を装着した状態(側面)

OLYMPUS PEN Lite E-PL7にM.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8を装着した状態(上面)

レンズがコンパクトなので、E-PL7のようなコンパクトなボディに装着してもしっくりきますねー。

画質

開放から良好で、2段程度絞ったあたり(F2.2程度)から画質が良くなっていきます。F4.0~4.5あたりがピークで、以降は絞るにつれて回折現象により画質が下がっていきます。F11あたりがギリギリのライン。それ以上は正直おまけですw

ボケ味については飛び抜けてスゴいわけではありませんが、至って自然なボケ味だなーという印象です。

使い勝手

35mm版換算で50mmの焦点距離、開放F1.8の明るさ、最短撮影距離が0.25mと被写体に寄れるため、背景ボケも作りやすく、テーブルフォトに最適。というか、M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8はテーブルフォトのためにあるレンズなんじゃないかと思うぐらいですw

また、非常にコンパクトかつ軽量(137g)なので、ちょっとしたスナップ撮影やデートなんかに使うにも最適です。

ただし、自撮りをするには焦点距離が長いので、自撮りをする場合にはもう少し短めのレンズを使うことをおすすめします。

防塵・防滴には対応していないので、防塵・防滴に対応したO-MDシリーズなんかで使う場合には、レンズ選びの際に意識しておいた方が良いかなと思います。

携帯性

明るいレンズでありながら長さ42mm、重量137gと非常にコンパクトかつ軽量で、ちょっとした散歩やデートなんかのお出かけにも持ち出しやすいです。

PEN Liteシリーズとの組み合わせであれば、カメラボディ+レンズでも500g以内に収められるのが嬉しいところです。

どんな人におすすめ?

テーブルフォトやスナップ撮影をしたい方に、特におすすめなレンズです。

マクロほどではないものの、被写体に寄って撮影することができるので、花や植物の撮影にも使えます。(後述のマクロコンバーターを使用すると、最短撮影距離を0.17mまで短縮可能)

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8を使った作例(随時更新)

※カメラはOLYMPUS PEN Lite E-PL7を使用し、Adobe Photoshop Lightroom CCにて補正

OLYMPUS PEN Lite E-PL7 + M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8による作例①

OLYMPUS PEN Lite E-PL7 + M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8による作例②

OLYMPUS PEN Lite E-PL7 + M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8による作例③

OLYMPUS PEN Lite E-PL7 + M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8による作例④

まとめ

ということで、OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8についてレビュー&作例紹介していきました。

35mm換算で50mmの焦点距離、F1.8の明るさ、最短撮影距離の短さからボケを作りやすいことから、特にテーブルフォトやデート時のスナップ撮影なんかにおすすめな一本ですね。

また、価格と3万円台と手頃ですので、キットレンズの2本目としても最適なレンズだと思います。

その他の類似レンズ比較

M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

開放F1.2の明るさ、防塵・防滴に対応している点、PROシリーズならではの高い描写性能は魅力的。特にOM-Dシリーズと組み合わせて防塵・防滴の構成を取る場合はこのレンズ一択となります。

重量が410gと25mm F1.8と比べて約3倍、最短撮影距離が0.3mとわずかに長く、価格が約4倍の12万円越え(2017年3月21現在)とお高いのが気になるところ。

本格的にテーブルフォトを撮るなら25mm F1.2、持ち運び性能と手軽さを重視するならば25mm F1.8といったところでしょうか。

作例:[PY] フォトヨドバシ M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO インプレッション | photo.yodobashi.com |

LUMIX G 25mm/F1.7 ASPH.

こちらはパナソニックから発売されている同じ25mmのレンズで、最短撮影距離はM.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8と同じく0.25mですが、F1.7と1段分明るいのが特徴です。それにも関わらず、価格がひと回り安価なのも魅力でしょうか。

携帯性については重量は25mm F1.8よりも10gほど軽いですが、長さが1cmほど長くなっています。正直誤差のレベルかなーというのが実感w

描写については25mm F1.8が少し青みが強めなのと対照的に赤みが強めで、ふわっとした感じ。このあたりは好みの問題かなーと。作例を見比べて選択するのが良さそうです。

作例:[PY] フォトヨドバシ LUMIX G 25mm F1.7 ASPH. インプレッション | photo.yodobashi.com |

LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

パナソニックとLEICAが共同開発した、いわゆるパナライカの25mm。F1.4の明るさと、細部までしっかりと表現される描写性能は魅力的です。

最短撮影距離が0.3mとわずかに長く、価格も1.5倍ほど高いですが、こちらもテーブルフォトやスナップに使えるレンズといえるでしょう。(僕もこれと迷った経緯があります)

作例:[PY] フォトヨドバシ LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH. インプレッション | photo.yodobashi.com |

関連製品

レンズ保護フィルター

フィルター径は46mm。カメラ本体やレンズの落下などによる前玉の破損を防ぐために、あらかじめ備えておくことをおすすめします。

後述のマクロコンバーターレンズとの併用はできない点は注意です。

マクロコンバーターレンズ

元々最短撮影距離0.25mと寄れるレンズですが、マクロコンバーターを併用すると最短で0.17mまで寄ることができるため、花などにさらに寄って撮影することもできるようになります。

ただし、先述のレンズ保護フィルターとの併用は不可なので注意です。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です