写真と遊ぶ、創る、楽しむ

最強の大三元レンズ!HD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AWの魅力を語る

三度の飯より大三元が好きなPENTAXIANの皆さん、おはこんばんちは。

えーと、大三元とは言っても麻雀の役満(白×3、發×3中×3)のことではなく、交換レンズの大三元のお話ですw

大三元レンズといえばワイド端(広角側)~テレ端(望遠側)で全域F2.8となる大口径ズームレンズのことを指しますが、今回はPENTAX Kマウントレンズの大三元レンズの一つであるHD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AWについて紹介していきます。

最強の大三元レンズ!HD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AWの魅力を語る

レンズラインナップが貧弱と言われるフルサイズ対応のPENTAX Kマウント系レンズですが、いわゆる大三元レンズについては広角域、標準域、望遠域ともひと通り揃っています。

今回紹介するHD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AWは大三元レンズの中で望遠域をカバーするレンズとなります。

外観

それでは外観チェックからいってみましょう。

HD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AWの外観①

キャノン砲とまではいかないですが、ミニバズーカぐらいの存在感はありますねーw

続いてはダンボーたちと比べてみます。

HD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AWの外観②

レンズフードを取り付けた状態で、ダンボー(13cm)の倍以上の長さになります。

他のD FAズームレンズ群と並べて比較してみます。(左から順にHD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC、HD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AW、HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WR)

HD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AWの外観③

こうして見るとD FA★70-200mmF2.8の存在感が際立ちますねー。

画質

さすがはスターレンズ!文句のつけようがないぐらい良好で、開放からしっかりと解像してくれます。また遠景でもしっかりと解像してくれます。

ボケも非常に素直で美しく、特にF2.8~5.6の範囲であれば綺麗な玉ボケを出すことができるのも嬉しいところです。

エアロ・ブライト・コーティングII、HDコーティングなどが施されているため、逆光耐性は驚くほどに良好!太陽が正面に当たるような状況下においても高い解像力が得られる点は本当に驚きです。

使用感

最短撮影距離は1.2m、最大撮影倍率は0.13倍ということで、被写体に寄って撮る向きのレンズではないものの、焦点距離が長いかつ全域でF2.8ということもあり、背景ボケもしっかりと出すことができます。背景ボケが重要になってくる花のような被写体を撮るときにも十分に使えます。

関連記事:カメラ初心者がそれっぽい花の写真を撮るための11のポイント

オートフォーカス(AF)はDCモーターによる駆動なので静粛かつ高速。また、インナーフォーカスを採用していることから、AF時に鏡胴が伸びないのも嬉しいところです。

防塵防滴構造のレンズなので、雨天時などの過酷な撮影環境でも利用OK!付属のレンズフードも深いので、風が強くなければレンズの前玉に雨滴が付くことも少ないので、雨中でも安定した撮影ができます。

D FA★70-200mmF2.8は重量と長さがかなりあります(後述参照)が、手振れ補正を併用することで手持ちでの撮影もなんとか可能です。ただし、特に望遠側になるにつれて安定しないですし、長時間の撮影ともなれば体力的にもかなり堪えますので、三脚や一脚との併用が個人的にはおススメです。

携帯性

重量が1755g(フード、三脚座を除く)と現行のPENTAX Kマウントレンズ群の中でもTOP3の重さで、CanonやNikonの同種のレンズと比較しても300g程度重くなっています。加えて長さも203mmと長い部類なので、気軽に持ち運べるサイズではないのが辛いところ。

重い+長いの二拍子が揃ったレンズではありますが、カメラバッグさえしっかりと選べば持ち運びはそれほど問題にはならないかなーと思っています。参考までに僕はEndurance de stockageというカメラバッグを使っていますが、大三元レンズをすべて格納できるキャパシティーと重さを感じにくい設計なので、割と気軽に持ち出しもできています。

関連記事:これぞ最強のカメラバッグ!Endurance de stockageの魅力を語る

作例

いずれも撮影後、Adobe Photoshop Lightroomにて編集しています。

HD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AWによる作例①(カメラ:PENTAX K-1)

HD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AWによる作例①(カメラ:PENTAX K-1)

HD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AWによる作例②(カメラ:PENTAX K-1)

HD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AWによる作例②(カメラ:PENTAX K-1)

HD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AWによる作例③(カメラ:PENTAX K-1)

HD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AWによる作例③(カメラ:PENTAX K-1)

HD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AWによる作例④(カメラ:PENTAX K-1)

HD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AWによる作例④(カメラ:PENTAX K-1)

HD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AWによる作例⑤(カメラ:PENTAX K-1)

HD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AWによる作例⑤(カメラ:PENTAX K-1)

HD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AWによる作例⑥(カメラ:PENTAX K-1)

HD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AWによる作例⑥(カメラ:PENTAX K-1)

HD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AWによる作例⑦(カメラ:PENTAX K-1)

HD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AWによる作例⑦(カメラ:PENTAX K-1)

まとめ

ということで、今回はフルサイズ対応の大三元レンズことHD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AWについて作例とともに紹介していきました。

重量と長さのあるレンズのため気軽に持ち運びするのが難しいものの、スターレンズの名にふさわしい解像力、逆光耐性、防塵・防滴と、さすがは大三元レンズと言わんばかりの完成度…その実力はやはり半端ではないです。

望遠域が欲しいというPENTAXIANの皆さん、ぜひ一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

類似レンズとの比較

TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACRO (Model A001)

焦点距離が70-200mm、かつ全域F2.8値でHD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AWとカバーする範囲はまったく同じレンズ。D FA★70-200mmF2.8ED DC AWとの主な違いは以下の点となります。

  • 最短撮影距離が0.95m(最大撮影倍率が0.32倍)と純正に比べて寄って撮れる
  • 重量が1075g(フード、三脚座除く)と軽量
  • 防塵・防滴には非対応
  • AFはボディ内モーター駆動
  • ライブビュー撮影時はAFの利用不可
  • 円形絞り非対応
  • 逆光耐性はD FA★70-200mmF2.8よりやや劣る

参照:Tamron SP AF70-200mm F/2.8 Di LD Aspherical [IF] MACROのレビューまとめ – LOVE PENTAXYZ

HD PENTAX-D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW

焦点距離が150mm-450mmで、望遠域~超望遠域をカバーするレンズ。D FA★70-200mmF2.8ED DC AWとの主な違いは以下の点となります。

  • カバーする焦点距離(画角)が望遠域~超望遠域
  • インナーズーム非対応
  • エアロ・ブライト・コーティングIIはないため、逆光耐性はやや劣る?
  • 長さ、重量ともにD FA★70-200mmF2.8をさらに上回る

鳥や飛行機といった、より焦点距離を求める場合にはこちらのレンズも選択肢に入ってくるかな?

関連用品

フィルター

フィルター径は77mm。

落下などの不慮の事故は何かと多いので、レンズの破損を防ぐために保護フィルターがあると安心です。

風景撮影をされる方はC-PLフィルターも。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です