ここからはじまる楽しいフォトライフ

実は超便利!TAv(シャッター&絞り優先)モードの効果的な使い方

PENTAXIANな皆さんおはこんばんちは。おーわ(@hirokazu.sby)です。

一眼レフカメラといえば、シーンに合わせて様々な撮影モードを使えるのが一つの特徴であり醍醐味!

実はPENTAXの一眼レフカメラにはTAv(シャッター&絞り優先)モードと呼ばれる、ちょっと特殊な撮影モードがあるんですが、実はこれが意外と便利なんです。

ということで、今回はPENTAXの一眼レフカメラで使えるTAvモードについて、その特徴や使い方について紹介していきます。

実は超便利!TAvモードの効果的な使い方

TAvモードとは

TAvモードとはシャッター&絞り優先モードのことで、シャッター速度優先モード(Tv)と絞り優先モード(Av)が合体したような撮影モードです。

具体的には絞り、シャッター速度、露出については撮影者で決められ、ISO感度についてはカメラ側で自動で決定されます。一見、M(マニュアル)モードによく似ていますが、実はちょっと違いがあります。(詳しくは後述で紹介します)

あまり知られていないようですが、このTAvモードはPENTAXの一眼レフカメラにしかない撮影モードです。というのも、実は旧ペンタックス株式会社の特許技術なんです。

参考までにTAvモードに関する技術は、旧ペンタックス株式会社の名で2006年9月13日に特許庁に出されています。(特許庁のサイトは個別ページへの直リンクができないので、詳しくは以下のページを参照)

参照:撮像装置 – 特開2008-70510 | j-tokkyo

確かに他社の一眼カメラで類似のモードって見たことないなーと思ったら、そういうことだったんですね。もっともPENTAXというカメラブランドがコアな変態様向けだから、他社があえてマネしないだけだと思ってたのは内緒の話ですがねw

なお、TAvモードは一部のオールドレンズと組み合わせての利用はできません。(現在発売されているレンズであれば問題なく使えます)

関連記事:PENTAXの一眼レフカメラでオールドレンズを使うときの注意点

Mモードとの違い

TAvモードはMモードによく似た撮影モードなんですが、実はちょっとだけ違いがあります。

設定項目 TAvモード Mモード
絞り 設定可 設定可
シャッター速度 設定可 設定可
ISO感度 設定不可
(オート固定)
設定可
(オート不可)
露出補正 設定可 設定可

(参照:PENTAX K-1 取扱説明書 P.44)

TAvモードとMモードの違いはISO感度がオートなのかマニュアルなのかという点です。

TAvモードに最適な撮影シーン

さて、このTAvモードですが、いったいどんな場面で有効なのか…それは

 

 

 

明るさが頻繁に変わるシーン

 

 

 

え?それってMモードで事足りるんちゃう?と思われますが、確かにMモードでも絞りとシャッター速度の両方をコントロールして撮ることはできます。

じゃあ、わざわざTAvモードなんて使わんでも…と思うところですが、実はTAvモードは露出を調整するときの操作を一つ減らすことができるんです。

写真の露出は絞り、シャッター速度、ISO感度の三要素で決まってきますが、Mモードではこれらすべてを項目をシーン毎に調整しないといけないのに対し、TAvモードでは上記の三要素のうちISO感度の設定をカメラ任せにすることが可能です。

例えば結婚式やライブハウスで撮影する場合、被写体ブレを考慮したシャッター速度を保ちつつ、シーンに応じて絞りを変える必要があります。そのうえ、ことある毎に明るさが変わります。これが実に厄介…。

Mモードの場合はシーンと明るさに応じて絞り+ISO感度の両者をセットで変える必要がありますが、これは非常に手間…変更しているうちに一瞬のシャッターチャンスも逃しやすくなってしまいます。

一方でTAvモードはカメラ側でISO感度を自動で調整してくれるので、撮影者が周囲の明るさの変化を意識せずとも自動的に適正露出が得られるISO感度に合わせてくれます。Mモードと比べてたった一つ操作が減るだけですが、その手間が省けるだけでもシャッターチャンスは逃しにくくなります。これは地味に便利!

感度AUTO設定調整との併用がおすすめ

さて、このTAvモードはISO感度がオート設定となりますが、実際に使うときには感度AUTO設定調整との併用がおすすめです。

購入したままの状態でTAvモードを使用すると、明るさに合わせて常用感度の範囲で値が変更されますが、この値が大きくなるほど画質が落ちます。よって、あらかじめISO感度が変化する範囲(特に許容できる上限)を決めておくと良いでしょう。

まとめ

ということで、今回はTAvモードについて紹介していきました。いかがでしたでしょうか。

TAvモードは絞りとシャッター速度の両方を撮影者で決定し、ISO感度をカメラ側で自動決定する少し特殊な撮影モードですが、結婚式やライブハウスなどの明るさが頻繁に変わるような場所では非常に便利な撮影モードです。

PENTAXの一眼レフカメラをお使いの方は、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です