写真と遊ぶ、創る、楽しむ

RAW現像とJPEG撮って出し、実は違うようでほぼ同じというお話

一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラを使っている方であれば、一度は「RAW現像」「JPEG撮って出し」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

意外と誤解されやすいのですが、RAW現像とJPEG撮って出しはまったく別物のように見えますが、実はやっていることはほとんど同じなのです。

ということで今回は、RAW現像とJPEG撮って出しの流れや違いについて書き出してみました。

RAW現像とJPEG撮って出し、実は違うようでほぼ同じ

デジタル写真を”作品”として出すには「変換作業」が必須

デジタル写真をSNSや写真投稿サイトへアップしたり、家族や友人に送る際、カメラで撮った光の情報をそのまま使うことはできないので、JPEGなどの汎用的な画像ファイルへ変換する作業が必須になります。

実際にデジタルカメラで”作品”ができあがるまでの流れはこんな感じです。

  1. カメラへ入ってくる光をイメージセンサーで受け取る(このとき、イメージセンサーのカラーフィルターでRGB信号に変換される)
  2. 受け取ったRGB信号の情報を画像処理エンジンへ渡してRAWもしくはJPEGに変換・出力する(RAWの場合はRGB情報をそのまま、JPEGの場合はRGB信号を復元&圧縮した上で出力する)
  3. 2でRAWで出力した場合は、Lightroomなどで編集後、JPEGに復元&圧縮して出力する

うむむ、なんだか言葉だけじゃよく分かんないぞ…ということで、上記の流れを大まかな図にすると以下の通りです。

普段あまり意識することはないかと思いますが、デジタル写真ってこんな感じでできているんです。

そしてこの変換作業は一眼カメラに限らず、コンパクトデジカメやスマートフォンを含めたすべてのカメラで行われる作業でもあります。

写真データの生成をカメラでやるか、自分でやるかの違いだけ

さて、ここまでの流れでなんとなく気がついた方もいらっしゃるかと思いますが、RAW現像もJPEG撮って出しも作品が完成するまでのゴールはほとんど同じなのです。

カメラで受け取った光の情報(RGB信号)を自分で調整してから変換するか、カメラで自動調整して変換するか、それだけの違いなんです。

ちなみにRAW現像、JPEG撮って出しのどちらで出力するにしても、それぞれ一長一短あります。僕は細かい調整がしたいので、ほとんどの場合でRAW現像してから出力しますが、個人的には好きな方でやれば良いと思いますw(RAW現像とJPEG撮って出しのメリット・デメリットについては、別記事でまとめたいと思います)

余談ですが、最近ではiPhone 7をはじめとする一部のiPhoneではRAW形式での撮影にも対応しました。今までスマートフォンにおける写真出力はすべて端末任せだったのが、ついに自分で調整できるできるようになったわけです…うん、すごい時代がやってきたもんですねw

関連記事:スマホカメラ新時代!iPhoneでRAW撮影・現像できる時代がやってきた!

まとめ

ということでいかがでしょうか。

RAW現像とJPEG撮って出しの本質は“作品”を作り出すための手段であって、最終的なゴールは同じです。写真という”作品”を世に送り出すための処理を自分でやるか、カメラ側で自動的でやるかだけの違いなのです。

もし写真を撮っている友人や知人が「RAW現像なんて邪道やー!撮って出しこそ正義や!」なんて言いながらドヤ顔をしてきたときには、「撮って出しもRAW現像も、最終的なゴールは変わらへんで」と返してあげましょうw

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です