写真と遊ぶ、創る、楽しむ

RAW現像とJPEG撮って出し、それぞれのメリット・デメリットとは

一眼カメラで写真を撮っている方であれば、一度は「RAW現像」「JPEG撮って出し」なんていう言葉を聞いたことがあると思います。

どちらも”作品”を世に送り出すために必須の作業ですが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

今回はそんなRAW現像とJPEG撮って出しのメリットとデメリットについて、考えつくままに書き出してみました。

RAW現像とJPEG撮って出しのメリット・デメリット

RAW現像およびJPEG撮って出しは、それぞれ写真を世に送り出すために欠かせない作業です。

先日、RAW現像とJPEG撮って出しは本質的には変わらないという記事の中で、両者は”作品”をアウトプットするための方法が異なるだけとお伝えしました。


で、図をご覧いただくとイメージしやすいと思いますが、手作業での現像処理を介さないJPEG撮って出しの方が明らかに楽だしスピーディー…。

じゃあ、なんでRAW現像なんていう面倒な工程が今もって支持されてんじゃボケちんがーってなりそうですが、JPEG撮って出しにはないメリットもちゃんとあります。

じゃあ、RAW現像とJPEG撮って出しのメリットとデメリットってなんじゃらほい?ということで、ここからが本題ですw

RAW現像のメリット・デメリット

RAW現像のメリット

  • JPEG撮って出しと比べて、細かいパラメーターの調整ができる
  • 編集しても画質の劣化がしにくい

RAW現像をする大きなメリットは、JPEG撮って出しするのに比べてより細かく調整できるところです。特に写真を作品として出すのであれば、細かいところ詰めていくためにもRAW現像はほぼ必須です。

関連記事:写真作品を創るならば絶対にRAW現像をすべきたった一つの理由

カメラでも露出、ホワイトバランス、ハイライト、シャドーなどといった項目を調整できますが、いずれも編集ソフトと比較するとかなり大雑把な調整にとどまります。そのため、自分の求める写真とのギャップが生じてしまうことも…。

また、カメラでは調整できないようなことも、RAW現像では可能な機能が備わっていることも。例えばLightroomにはくすんだ写真を蘇らせる「かすみの除去」という魔法のようなツールがありますが、こんな芸当もJPEG撮って出しではできないことの一つです。

RAW現像のデメリット

  • 現像の工程が必ず入るため、JPEG撮って出しに比べて写真を出すまでに時間がかかる
  • Lightroomなどの編集ソフトが別途必要になる
  • 写真1枚あたりの容量が大きい

JPEG撮って出しの場合、パソコンやスマートフォンに取り込んだ段階ですぐに使えますが、RAWの場合はどうしても現像という工程が必須となるため、撮った写真をすぐに使うことはできないのが大きな欠点です。

何より面倒なのと、リアルタイム性の高いコンテンツにはあまり向かないんですよね、RAW現像って…。

あとRAW形式で撮影した場合、JPEGと比べて写真1枚あたりの容量が大きくなるのも辛いところ。RAWはJPEGに比べて情報量が多い(JPEGは8bitなのに対し、RAWは12~14bit)ため、気が付いたらパソコンの容量をあっという間に食いつぶす…なんてことも多々あります。

と、RAW現像は何かと面倒かつコストも上乗せ(編集ソフトや写真データのバックアップ環境を別途用意する場合)されますが、妥協なく作品を創り上げるのであればRAW現像はした方が良いかなと個人的には思っています。

JPEG撮って出しのメリット・デメリット

JPEG撮って出しのメリット

  • 写真を取り込んだ段階で、すぐにSNSや写真投稿サイトへアップできる
  • 写真1枚あたりの容量が小さい

カメラ任せで”作品”のアウトプットができるので、RAW現像と比べると圧倒的に早いかつ楽です。特に季節モノの写真は、食べ物と同じで旬のうちに見たいという方も多いと思いますので、JPEG撮って出しは有効な手段の一つとなります。

最近の一眼カメラはWi-Fi機能が標準装備になってきているため、高画質で速報性の高い写真をSNSや写真投稿サイトへアップすることもできるようになりました。僕もたまにPENTAX K-1で撮影した写真をJPEG撮って出し→Wi-Fi機能を使ってスマホへ出力→SNSへアップということをやっています。

また、RAWと比較すると1枚当たりの容量も抑えられるため、パソコンに取り込んだ時の容量増加をある程度抑えることができます。

JPEG撮って出しのデメリット

  • 撮影の段階でカメラの設定をしっかりと決める必要がある
  • RAW現像するのと比べ、細かいパラメーターの調整が難しい
  • JPEGでの出力後に編集すると画質が劣化する

JPEG撮って出しの場合、カメラで設定した露出、ホワイトバランス、ハイライト、シャドーなどがそのまま”作品”としてアウトプットされるため、撮影の段階でしっかりと調整する必要があります。(RAW現像する場合でもキチンと調整して、アウトプットのイメージをつかんでおくことをおすすめしますが…)

また、カメラの設定はRAW現像に比べて細かな調整が難しいため、自分のイメージする写真とのギャップが生じることもあります。

さらにJPEGはRAWと異なり不可逆圧縮のため、編集をすると画質が劣化します。写真を撮ったあとで「ちょっとここの明るさが足りない」「もう少しここの色を出したい」などと思っても、RAWのように手軽に編集をすることができないのです。

まとめ

ということで今回は、RAW現像とJPEG撮って出しについて、それぞれのメリットとデメリットについて紹介していきました。

RAW現像とJPEG撮って出しのどちらが良い悪いという話もありますが、あくまでも”作品”をアウトプットするための必須作業の一つ…ぜひ、両者のメリット・デメリットを頭に入れたうえで上手く使い分けてみてください。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です