写真と遊ぶ、創る、楽しむ

写真作品を創るならば絶対にRAW現像をすべきたった一つの理由

一眼レフカメラや一部の高級コンデジでは、JPEGとRAWの二つの形式で写真を撮影することができます。この二つの形式にはそれぞれ一長一短ありますが、写真を創り出すのであれば絶対にRAW現像することをおすすめします。

では、いったいなぜ写真作品を創り出す上でRAW現像がおすすめなのか、今回はそのあたりの話をゆるりとしていきます。

写真作品を創るならば絶対にRAW現像すべき!!

では、なぜ写真作品を創るのにRAW現像がおすすめなのか…いきなり結論を申してしまいますと

 

 

 

撮影者の意図する色や雰囲気が出せる!

 

 

 

これに尽きます。

JPEG撮って出しに比べて手間はかかりますし、JPEGと比較すると1枚当たりの容量が大きいというデメリットもありますが、より良い作品を出したいのであればRAW現像によって撮影者の意図する色や雰囲気を出していくべきだと思っています。(参考までに僕もだいたいの場合において、RAW現像をした上でブログやSNSに写真を載せています)

関連記事:RAW現像とJPEG撮って出し、それぞれのメリット・デメリットとは

RAW現像は「自分の色」が出せる

RAW現像をする最大のメリットは、細かいパラメーターを調整することで撮影者の意図する色や雰囲気により近づけることができる点にあります。

カメラ側にもホワイトバランスや露出、カラーバランスといった項目は用意されていますが、写真編集ソフトにはカメラよりも圧倒的に細かい調整パラメーターが備わっています。

例えばホワイトバランスの色温度設定一つにしても、カメラ側で調整する場合とRAW現像する場合で調整範囲が異なります。例えばPENTAX K-1の色温度は±100刻みでの設定となりますが、Lightroomを使った場合は±1刻みでの設定ができます。

PENTAX K-1の色温度設定は±100刻みで設定ができる

Lightroomのホワイトバランスは±1刻みで設定できる

余談ですが、最近では一部のiPhoneでもRAW形式での現像ができるようになり、スマホ写真でもRAW現像によって撮影者の意図する色や雰囲気が出しやすくなりました。本当にすごい時代になったもんです…。

関連記事:スマホカメラ新時代!iPhoneでRAW撮影・現像できる時代がやってきた!

JPEG撮って出しは「カメラメーカーの色」が出る

一方でJPEG撮って出しはRAW現像のような手間のかかる作業は不要ですが、出力される写真はカメラメーカーの色となります。

JPEG撮って出しとRAW現像の本質的ゴールはどちらも「作品のアウトプット」ですが、JPEG撮って出しの場合はカメラで設定可能なパラメータしか調整ができないのです。ですので、撮影者が「こんな色や雰囲気にしたい」と考えたとしても、理想のカタチにするのはどうしても難しいのです。(もちろんカメラメーカーの色がドンピシャでハマればRAW現像の必要はまったくないのですが…)

関連記事:RAW現像とJPEG撮って出し、実は違うようでほぼ同じというお話

ちなみに一眼レフカメラには「ボディ内RAW現像」と呼ばれる機能がありますが、調整できる項目はJPEG撮って出しとほぼ変わらないので、結局のところカメラメーカーの色となってしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

JEPG撮って出しとRAW現像は一長一短なところがありますが、前者はカメラメーカーの色が出て、後者は自分の意図する色を出すことができるという大きな違いがあります。

自分の意図する色や雰囲気を突き詰めて写真作品を創り上げるのであれば、細かい調整ができるRAW現像がダンゼンおすすめです。

少し手間はかかりますが、自分が思い描く作品を創るためにぜひRAW現像にチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です