埼玉フォトウォーク〜足元をカラフルに彩る羊山公園の芝桜をながめて〜

どうも、埼玉県非公認観光大使のおーわです。

春といえば菜の花、桜、チューリップ、ネモフィラなどが挙げられますが、芝桜の存在も忘れちゃなりませんぜ、奥さんw

さて、埼玉県で芝桜といえば…そう、秩父市の羊山公園ですね。羊山公園の見晴らしの丘では、4月下旬~5月上旬にかけて芝桜が見頃を迎え、足元をカラフルに彩ります。

ということで、羊山公園の芝桜とはどのようなものなのか、写真とともにお届けしていきます。

足元を彩るカラフルな羊山公園の芝桜

17,600㎡という広大な丘陵に広がる、9種類40万株の芝桜。埼玉県が誇る絶景スポットで、丘の地形を生かした立体感のある作品を撮ることができます。

この羊山公園では4月中旬~5月上旬にかけて芝桜まつりが行われ、多くの人でにぎわいます。

それでは、さっそく歩いていきましょう。

羊山公園の芝桜①(撮影地:埼玉県秩父市)

晴れた日に順光で撮影すると、青空と芝桜のコントラストが良い感じになります。

羊山公園の芝桜②(撮影地:埼玉県秩父市)

羊山公園の芝桜は見る場所によって雰囲気が変わるので、色々な角度からながめてみると良いですねー。

羊山公園の芝桜③ 武甲山と芝桜のコンビ(撮影地:埼玉県秩父市)

また、終日逆光気味になりますが、武甲山を背景にした写真を撮ることも可能です。

アクセス

鉄道でのアクセス

複数の駅からアクセスが可能ですが、どの駅からもやや離れています。この時期は臨時の特急列車も運行されます。

  • 西武鉄道 横瀬駅から徒歩約1.4km
  • 西武鉄道 秩父駅から徒歩約1.5km
  • 秩父鉄道 御花畑駅から徒歩約1.5km

車でのアクセス

羊山公園内に駐車場があるため、芝桜の丘へのアクセスは鉄道に比べて便利な反面、特にゴールデンウィーク期間は付近の道路で激しい渋滞が予想されるため、ある程度の覚悟が必要です。

  • 関越自動車道花園ICから国道140号、皆野寄居バイパス利用約25km
  • 圏央道狭山日高ICから国道299号を約39km

おわりに

ということで、羊山公園の芝桜を紹介いたしました。いかがでしたでしょうか。

見頃がちょうどGWに重なることもあり、休日ともなれば混雑は避けられないですが、足元を彩る芝桜の絨毯は綺麗なものです。

ぜひ一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

Link:芝桜の丘(羊山公園) – 秩父観光ナビ

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です