ここからはじまる楽しいフォトライフ

それは究極のアート!埼玉・川口ジャンクションの夜景

どうも、埼玉県非公認観光大使でジャンクション萌えのおーわです。

んで、そもそも都市夜景スポットが皆無な埼玉県にジャンクション夜景の撮影スポットなんてあるんですかい?

はい、実は川口ジャンクションというところがありましてかくかくしかじか…。しかも「マツコの知らない世界」でも紹介されたんですってよー。んでもって、秋になると紅葉と一緒に撮れるんですって!こりゃジャンクション萌えもびっくりですよ奥さんw

川口ジャンクションの夜景がおもしろい!

埼玉県川口市にある川口ジャンクションは、東北自動車道、東京外環自動車道、首都高速川口線を接続するジャンクションで、四葉のような曲線系の「クローバー型」と、変則型の「タービン型」が組み合わされた形状が特徴です。

上から見るとものすごい造形美である川口ジャンクションですが、下から見てもなかなか面白いものです。

川口ジャンクション夜景

よくある都市部のジャンクションとは違い、川口ジャンクションは自然にあふれているんですよねー。しかも、秋(11月下旬~12月上旬頃)になると夜景とともに紅葉までも楽しめちゃうんです!

川口ジャンクションは秋になると紅葉と一緒に収められる面白いジャンクション夜景スポット!

ジャンクション付近の街灯がライトアップの役割を果たしてくれるため、夜景+紅葉なんていう面白い組み合わせが撮れちゃうんです(*´ω`*)

ジャンクション夜景と紅葉の組み合わせ、ちょっと珍しい組み合わせですよねー。

おすすめのレンズは?

ジャンクション夜景といえば超広角レンズが何よりもおすすめ!SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMあたりで撮影すると面白いですねー。

関連記事:唯一無二の超広角レンズ!SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMの魅力を語る

迫力にはやや欠けますが、超広角レンズがない場合は標準ズームレンズの広角側でもOKです。

アクセス

車でのアクセスが一番おすすめですが、埼玉高速鉄道 新井宿駅より徒歩20分程度でアクセスすることもできます。

新井宿駅~川口ジャンクションを徒歩で移動される方は、一部で街灯が少ない箇所がありますのでご注意ください。

まとめ

東京都心のジャンクションも面白いですが、緑や紅葉に囲まれたジャンクションというのも、結構面白いものですねー(●´ω`●)

川口ジャンクションは三つの高速道路をつないでることもあって規模も大きいので、色々な場所から狙ってみると面白そうです。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です