ここからはじまる楽しいフォトライフ

春うららな埼玉県の桜をながめて

埼玉県非公認観光大使のおーわ(@hirokazu.sby)です。誰ですか、埼玉県のことを「ダ埼玉」なんて呼んでいるのはw

さて、春といえばやっぱり桜。埼玉県内にも桜の名所がたくさんあるので、特にソメイヨシノのシーズンを中心に、まるで少年にでも戻ったかのごとく、全力疾走で追いかけたくなってしまいますw

そんな埼玉県の桜のある風景を、写真とともにお届けしていきます。写真ばかり全部で33枚、まったりと写真ながめながらお楽しみいただければと思います。

春うららな埼玉県で桜をながめて

すみよし桜の里(埼玉県坂戸市)

最近では全国的に有名になった河津桜ですが、埼玉県内では坂戸市にある「すみよし桜の里」で見ることができます。

まだ背丈が低いものが多いですが、成長すれば河津桜の名所となりそうな予感です。

すみよし桜の里(埼玉県坂戸市)

すみよし桜の里(埼玉県坂戸市)

すみよし桜の里(埼玉県坂戸市)

北浅羽桜堤(埼玉県坂戸市)

埼玉県内では全国的にも珍しい、安行寒桜(安行桜)と呼ばれる大寒桜を見ることができます。

中でも坂戸市の北浅羽桜堤にある安行寒桜並木は圧巻の一言!とにかく素晴らしいまでの絶景です。

密蔵院(埼玉県川口市)

先に紹介した北浅羽桜堤と同じく、安行寒桜を見ることができる数少ないスポット。もともと安行寒桜は川口市安行で誕生した桜で、密蔵院が発祥の地の一つだとされています。

お寺さんと安行寒桜が織りなす風景は、ながめているだけで心が落ち着きます(●´ω`●)

武蔵野線沿線

埼玉県民にとってなくてはならない、あの武蔵野線沿線にもソメイヨシノが見られる場所がいくつかあります。

まずは東浦和近くにある見沼通船掘。近くを走る武蔵野線の電車と桜の組み合わせが良い味を出してくれます。

続いては東川口駅から徒歩20分程度のところにある伝右川沿いの桜並木。住宅街の中にある桜並木ですが、なかなか良い感じの光景が広がっています。

吉川駅からほど近いさくら通り沿いにも、3kmに渡って続くソメイヨシノの並木が見られます。

北越谷元荒川堤(埼玉県越谷市)

埼玉県内を流れる元荒川沿いにはいくつか桜のスポットがありますが、その一つが越谷市の北越谷元荒川堤。全長2kmに渡って続くおよそ350本の桜並木は見応えバツグンです。(厳密には途中で途切れる区間があり、桜並木が連続しているわけではありません)

東武スカイツリーライン 北越谷駅もしくは越谷駅から徒歩10分程度と、比較的アクセスしやすいのもありがたいところ。

元荒川の桜並木(埼玉県鴻巣市)

元荒川沿いの桜並木の一つで、日本の桜名所&名桜600景にも指定されています。両岸の2.5kmに渡って続く桜並木が作り出す桜のトンネルは、素晴らしいの一言に尽きます。

熊谷桜堤(埼玉県熊谷市)

江戸時代から知られる埼玉県内でも屈指の桜の名所で、「日本さくら名所100選」にも選ばれています。菜の花とソメイヨシノの組み合わせが、春らしさを感じさせます。

熊谷駅から駅から徒歩5分ぐらいでアクセスできるのも嬉しいところ。

権現堂桜堤(埼玉県幸手市)

埼玉県内のみならず、関東でも屈指の桜&菜の花のスポット。そのスケールにとにかく圧倒されます。その風景、まさにラスボス級といったところでしょうかw

おわりに

いかがでしたでしょうか。

埼玉県は都道府県の魅力度ランキングでも下位(2016年は39位、2017年は46位)の常連で、巷では「ダ埼玉」なんて呼ばれていますが、いざカメラを片手にフォトウォークをしてみると、魅力的な花どころや自然風景スポットがたくさんあるなーと日々感じます。そんなこともあって、「埼玉フォトウォーク」というテーマで写真を撮っているんだとか、そうでないんだとかw

埼玉県に住んでいるうちに、埼玉の素敵な風景を引き続き追いかけていきたいと思います。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です