ここからはじまる楽しいフォトライフ

スマホのインカメラはアウトカメラと比べて画質が悪いのはなぜ?

地鶏…もとい自撮りが大好きな皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@hirokazu.sby)です。

さて、デートなどの記念撮影で自撮り(セルフィー)をする際によく使われるスマートフォンのインカメラ。

使っている方はお分かりかと思いますが、正直なところインカメラはアウトカメラと比べて画質はあまり良くないですよね。

ではなぜスマホのインカメラの画質はアウトカメラに比べて悪いのか、簡単に紹介していきます。

スマートフォンのインカメラの画質はなぜ悪いのか

フルサイズ機がAPS-C機よりも画質が良いという点と同じく、実はスマホのインカメラとアウトカメラの画質に差が出るのには、イメージセンサーの大きさに関係があるのです。

まずはインカメラとアウトカメラの画質を比較してみよう

何はともあれ、スマホ(iPhone 7)のアウトカメラとインカメラで撮影した写真を比較してみましょう。文章で説明するよりも、その方がきっと分かりやすいかと思いますw

※どちらもズームを使用せず、ミニ三脚(Manfrotto PIXI EVO)を使用し、ほぼ同じ位置から撮影しております。

 スマートフォンのアウトカメラとインカメラの画質比較① iPhone 7のアウトカメラで撮影した一枚

まずはアウトカメラで撮影した写真です。

iPhone 7のカメラはスマートフォンの中でも良質な部類になるため、描写もしっかりとしております。

 スマートフォンのアウトカメラとインカメラの画質比較② iPhone 7のインカメラで撮影した一枚

そしてこちらがインカメラで撮影した写真です。

拡大させると分かりやすいですが、アウトカメラで撮影した写真と比較して、インカメラで撮影した写真はかなり荒いということが分かるかと思います。

インカメラはアウトカメラよりもイメージセンサーが小さい!

そう、スマートフォンのインカメラはアウトカメラに比べて、さらに小さいイメージセンサーが搭載されているのです!

実際にiPhone 7のアウトカメラとインカメラで撮影した写真のExif情報を比べてみましょう。

スマートフォンのアウトカメラとインカメラのExif情報

小難しいことはさておき、センサーサイズは実際のレンズ焦点距離と35mm版換算レンズ焦点距離との倍率が小さいほど、大きなセンサーが搭載されていることが分かります。

iPhone 7のアウトカメラはこの倍率が約7倍なのに対し、インカメラではなんと11倍となっております。

つまり、アウトカメラに比べてインカメラはセンサーサイズが小さいということが分かります。

これはiPhone 7に限らず、アウトカメラとインカメラを持つすべてのスマートフォンで同じことが言えます。

以前、フルサイズ一眼カメラを使うメリットとデメリットについてという記事の中でも書きましたが、一般的にセンサーサイズが大きいほど画質が良い傾向にあります。

従って、iPhoneを始めとするスマートフォンのインカメラで撮影した写真は、アウトカメラで撮影した写真と比べて画質が悪くなるということなのです。

まとめ

スマートフォンのインカメラの画質がアウトカメラに比べて悪いのは、アウトカメラに比べてセンサーサイズが小さいというのが大きな理由となります。

デートなんかでスマホを使って記念撮影する際、画質にこだわりたいのであれば、可能な限り誰かにお願いして撮影してもらった方が良いということです。

あるいはManfrotto PIXI EVOのような小型三脚を使って撮るのも一つの手です。

もちろん手持ちで自撮りする場合はインカメラの方が圧倒的に使いやすいのも事実ですので、上手く使い分けていただければと思います。

最後にいつもながら、画質の良いカメラを使ったからといって「いい写真」になるとは限らないので、その点だけはぜひ心の片隅にでも置いといていただければ幸いです。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です